熊野大社 (くまのたいしゃ)、山形県

熊野大社 (くまのたいしゃ)、山形県

熊野大社は日本三熊野神社の一つ、山形県南陽市にある熊野大社も、縁結びの神さまです。

 

正式名称は熊野神社、通称は熊野大社と呼ばれます。

 

古い記録によれば、大同元年(806年)に、時の平城天皇の勅命により、紀伊国熊野権現の勧請を受けて再興されたと伝えられますから1200年モノ歴史のある神社です。

 

その後、伊達・直江・上杉などの歴代領主の庇護を受け、現在に至っています。かつては、熊野修験の一大霊場として栄えたました。

 

熊野大社のご祭神、イザナキノミコトとイザナキノミコトは、初めて男女の愛を言葉にし、そして結婚をして、多くの神々を生みました。

 

縁結びの神さまらしく、結婚式も披露宴も、熊野大社の中で行うことが出来ます。

 

縁結びが叶ったら、熊野大社で結婚披露宴をいかがでしょう。

 

熊野大社(くまのたいしゃ)
山形県南陽市宮内3707-1
0238-47-7777